データを預けることで、破損した場合でも簡単に復旧出来ます

データを電子化

名刺のスキャンによる電子化の方法

名刺を電子化して管理するというアプローチはそのデータへの参照の迅速さと容易さをもたらすことに加え、大量の紙媒体を運ばなくても出先で気軽に参照することができるというメリットがあります。そのためには名刺をパソコンに取り込む必要があり、スキャンというプロセスを経る必要があります。 その方法として、名刺スキャナーを購入する、代行業者に依頼する、名刺管理アプリを利用するという3つが典型的な方法となっています。スキャナーは15000円前後で購入可能であり、手元で容易にスキャンが可能になります。代行業者では1枚あたり10円から20円程度が相場になってきています。一方、アプリについては同様の従量制のものや1000円程度のものが多かったものの、最近では利用が無料のものすら登場してきています。

アプリが生み出した低価格化への動き

名刺スキャンによる電子化の動きは社会的に見ても高まってきており、それに合わせるようにして数多くのサービスが提供されるようになってきています。そのため、各社での競争が激しく、全体的な低価格化が進んでいる傾向にあります。 特に大きな影響を与えたのがスマートフォンの普及とアプリ開発です。名刺スキャンのアプリが開発されたことによって、費用面においては急激な低価格化が進行しました。アプリにおけるスキャンでもデータ化は手作業によって行われているシステムもあり、正確性も高いものが増えています。そのため、データ入力代行業者も対抗して価格を下げなければならない状況ができてきており、全体的な低価格化が進むようになっているのです。

Copyright (c) 2015 データを預けることで、破損した場合でも簡単に復旧出来ます all reserved.